カリスマ経営者スティーブ・ジョブズ。


1976年、友人と共に「アップルⅡ」という初めての本格的パソコンを大ヒットさせました。そして翌年に、アップル社を創設します。

1983年には、GUIを備えたパソコン「リサ」を発表するも不評。翌年、価格を下げて発売した「マッキントッシュ」が大ヒットしたのです。

ところが1985年、マッキントッシュの売上が鈍化。ジョン・スカリーによってアップル社を追放されます。

アップル社を退職後は、NeXTコンピュータ社(後のNeXTソフトウェア社)を創設するが不調。しかし1997年、アップル社に買収されるのです。というのもアップル社は、次世代OSの開発に失敗し、危機的状況に陥っていたからです。

こうしてアップル社に復帰したジョブズ氏は、革新的な製品で注目を集めていきます。1998年、モニタ一体型パソコン「iMac」を開発。その後も「iPod」「MacOS X」「iPhone」を開発しました。


スティーブ・ジョブズ氏がカリスマ経営者と呼ばれる所以ですが、先見性と斬新なデザイン感覚で多くの人を惹きつけるところにあります。妥協を許さず、独断的で強引な面も兼ね備えています。