InternetExplorerがブラウザの主流ですが、FirefoxやGoogleChromeといった次世代ブラウザも多数登場してきています。

これら次世代ブラウザは、無料,高速,セキュリティ強化,新機能搭載,拡張性を掲げています。


Firefoxとは、モジラ・ファウンデーションという非営利法人によって開発された無料オープンソース型ブラウザです。

特徴としては、使いやすさと豊富なアドオンで、自分好みに機能を追加できることです。

ワンクリックブックマーク(素早くブックマークに登録可能),スマートロケーションバー(履歴を簡単に検索可能),などの機能もあります。


GoogleChromeは、グーグル社が提供するオープンソース型ブラウザです。

検索ボックスやホームボタンがない、シンプルな画面が特徴です。

検索ボックスを兼ね備えたアドレスバー,独立したタブ,シークレットモード,ウェブアプリケーションのショートカットを簡単に作成できる機能などもあります。