2013年6月の記事一覧

グラフィックボードは、CPUから送られてくる画像データを処理して実際にディスプレイに映し出す拡張ボードです。ビデオボードとも呼ばれいます。

近年では、CPUやマザーボードにあらかじめグラフィック機能が組み込まれているので、改めて購入するユーザーは少ないです。

ただ、パソコンに2台のディスプレイを繋げるデュアルディスプレイ,高い画像処理能力を必要とする3D映像,高画質な画像を用いたゲームなどを楽しむには欠かせません。

大量のデータ処理が必要で、CPUだけでは その処理が追いつかないことがあるからです。

その点 グラフィックボードには、画像処理に特化した電子部品が搭載されています。高い描画機能を提供してくれるわけです。


グラフィックボードの主要な電子部品は、画像を処理するプロセッサー,GPU,表示する画像データを一時的に保管しておくためのビデオメモリー(VRAM)です。

GPUは、パソコン本体から送られてきた画像データを VRAMを使いながらディスプレイに出力できる信号に変換しています。それを、アナログRGBやDVIの外部インターフェースを通して、実際にディスプレイにデータを転送します。

大量のデータ処理を行い 電子回路の内部抵抗で大量の熱を持ってしまうので、放熱ファンを取り付けたボードも多いです。

チップセットは多くの場合、マザーボード上に2枚のチップとして搭載されています。

CPUに近いほうのチップを「ノースブリッジ」,遠いほうのチップを「サウスブリッジ」と呼んでいます。2枚のチップは、専用回路で結ばれています。

そして、CPUからチップセットに入った情報は、それぞれが役割を分担する電子部品や機器へと バスで受け渡されます。


ノースブリッジの担当は、システムバス,メモリーバス,PCI Express x16対応の機器との入出力バスです。高速で動作する機器との情報のやり取りを担っています。

対して サウスブリッジの担当は、Express x16対応の機器を除く 入出力バスです。低速なデータ転送を担っており、ハードディスク,光ディスクドライブ,キーボード,マウス,USB機器などとの情報の受け渡しを行っています。


といっても、最近は こうしたチップセットの役割分担は崩れてきています。

データの大容量化と処理の高速化により、ノースブリッジの機能が CPUに移転されるようになったからです。

例えば、メモリーの情報の入出力を制御するメモリーコントローラー。従来はノースブリッジに含まれる機能でしたが、Core i7などではCPUに組み込まれています。

データ処理の高速化を実現するため、Core i7では メモリーコントローラーがCPUに組み込まれました。

さらに、インテル社の第二世代Core iシリーズでは GPUの機能までも搭載しています。

これにより画像処理の速度は格段に上がりましたが、第二世代Core iのチップセットは ノースブリッジがなくなることになります。


また、転送方法も変化をしています。

従来は、CPUとノースブリッジの間はパラレルバスの形式で、コントロールバス,アドレスバス,データバスが繋がっていました。

しかし、第一世代Core iシリーズの登場とともに廃止され、シリアル形式の専用線で接続されるようになったのです。

この変化は、インテル社だけでなく ライバルのAMD社でもみられます。


第二世代Core iシリーズでは、チップセットとCPUを接続するシリアル形式の専用線に加えて、CPUとチップセットの間に画像データ専用線も引かれています。

CPUに組み込まれたGPUが処理する画像データを、既存の信号線とは別に サウスブリッジを介してビデオ出力するためです。

このように チップセットの変化は、情報を転送するバスの構成も変えつつあります。

なんでもそうですがセール品って魅力的ですよね。

セールのときに買うのと通常字に飼うのとでは価格差が結構ありますよね。

セール前日に購入して翌日残念な思いをしたことがあるという人は結構いると思います。

家電系はこういうこと多いですよね。

「教えてくれれば良いのに!!」といいたくなります。

 

さてレノボですがなんといっても値段が魅力的ですよね。

安いからといってだめだというわけではありませんよ。

家電量販店で見て値段にそそられたという人は多かれ少なかれいると思います。

 

レノボはどうせなら通販で購入したほうが良いですよ。

クーポンがありますしね・・・。

これが結構お得になるのではずせません。

レノボのクーポン情報はこちらから入手できます。

現在れのぼでは夏のボーナスセールが開催中です。

ボーナス時期はパソコンも買い替えを検討している人は多いと思います。

このようなセールを利用すると「お得に買い替えが出来ますよね。

クーポンも出ているのでこの機会に探してみてはどうでしょうか?

スーパーコンピューターの世界では、「TOP500」という 処理速度の上位500位までを発表するランキングがあります。

そのランキングで、2011年2期連続で1位を獲得したのが、理化学研究所と富士通が共同開発している「京」です。


京は、整数の演算処理よりも時間のかかる 浮動小数点演算という計算を 毎秒1京510兆回行うことができます。

汎用のCPUを並列に搭載することで高速な処理を実現する スカラー型を採用しており、CPUを8万8128個も搭載しています。

ちなみに、複数のデータを並行して処理できるベクタープロセッサーというCPUを搭載しているスーパーコンピューターを ベクター型と言います。


京は、信頼性の高いシステムを実現するための工夫も多くなされています。

高速な演算処理を行うと熱が大量に発生し、安定性が低下します。そこで、水冷方式を採用し 温度の上昇を防いでいるのです。

また、CPU内の回路にエラー検出機能を搭載しています。エラーが発生しても、エラー訂正機能や命令再実行機能により 全体のシステム動作に影響を与えることはありません。

さらに、CPUとCPUを繋ぐネットワークに 「Tofu(トーフ)」という独自設計が施されています。1つのCPUが故障しても代替経路を設け、システム全体が停止するリスクを低減させているのです。

パソコンの処理速度は飛躍的に向上したとはいえ、膨大な計算を必要とする予報・予測・シミュレーションなどでは まだまだ力不足です。

そこで、より高い計算処理能力が求められています。


そして、演算処理が非常に高速なコンピューターを「スーパーコンピューター」と呼んでいます。

何か特別な パソコンにはできないことをしているイメージがありますが、計算処理を行うという基本的な機能は変わりません。

1回の処理サイクル(1クロック)で計算できる量に 違いがあるだけです。

パソコンでは 1つないし数個しかできないのに対し、スーパーコンピューターは 大量に行えるのです。


活躍する代表的な分野は 気象予報です。

気象の予報は、局所ごとに発生している現象を分析して 全体への影響を予測するという作業です。

予報の精度を上げるには 局所の絞り込みを細かくする必要がありますが、細かく分割するほど 負荷のかかる処理になります。

パソコンでは膨大な時間がかかってしまうため、スーパーコンピューターが欠かせないわけです。


また、バイオの分野でも注目されています。約30億個のヒトゲノムから遺伝子を解読する作業は、膨大なデータ処理が求められるからです。

さらに、天体力学の分野で、銀河系やブラックホールのメカニズムを解明する際の 大規模な重力計算などでも利用されています。

パソコンを動かすには、外部から何らかの方法で指令を出す必要があります。

例えば音楽を聴きたいとき、音楽ファイルを選んでクリックすることで 再生という指令を出しているのです。

そして、こうした外部の指令を伝える装置を「入力装置」と言います。マウスやキーボードがこれに該当します。


入力装置を通してパソコンに伝えれた指令は、情報としてパソコン内部に書き込まれます。

この情報を書き込むスペースを「記憶装置」と言います。

メモリーなど パソコンが命令を処理する際に使うデータを保存しておく主記憶装置と、ハードディスクなど 必要に応じてメモリーに読

レノボのキャンペーンはIBMの頃から毎回様々な企画がなされています。
他のパソコンメーカーでもキャンペーンはもちろん行っていますが、その中でもレノボは非常に面白い企画を行っている事で有名です。
例えば今現在は、街を走るレノボトラックを見つけたら、自分自身のサムアップサインと一緒にトラックの写真を撮り、レノボ公式ツイッターへ写真を送る事で、抽選で商品が当たるといった試みを行っています。
今までもなかった訳ではないキャンペーンですが、まさかパソコンメーカーが行うとは誰も思ってはいませんでしたね。
斬新な企画、面白い企画を常に提案し続けるというのはレノボならではであり、他のメーカーとは一線を画す魅力があります。
各キャンペーンは、公式ホームページ上に掲載されていますので、気になった方は一度訪問してみて下さい。
時期やタイミングによって色々と企画されており、ユーザーを飽きさせないような企業努力を垣間見る事も出来るでしょう。

このページの上部へ