2011年10月の記事一覧

カリスマ経営者スティーブ・ジョブズ。


1976年、友人と共に「アップルⅡ」という初めての本格的パソコンを大ヒットさせました。そして翌年に、アップル社を創設します。

1983年には、GUIを備えたパソコン「リサ」を発表するも不評。翌年、価格を下げて発売した「マッキントッシュ」が大ヒットしたのです。

ところが1985年、マッキントッシュの売上が鈍化。ジョン・スカリーによってアップル社を追放されます。

アップル社を退職後は、NeXTコンピュータ社(後のNeXTソフトウェア社)を創設するが不調。しかし1997年、アップル社に買収されるのです。というのもアップル社は、次世代OSの開発に失敗し、危機的状況に陥っていたからです。

こうしてアップル社に復帰したジョブズ氏は、革新的な製品で注目を集めていきます。1998年、モニタ一体型パソコン「iMac」を開発。その後も「iPod」「MacOS X」「iPhone」を開発しました。


スティーブ・ジョブズ氏がカリスマ経営者と呼ばれる所以ですが、先見性と斬新なデザイン感覚で多くの人を惹きつけるところにあります。妥協を許さず、独断的で強引な面も兼ね備えています。

WindowsVistaの後継OS、Windows7。

Vistaの弱点、動作が遅くて重い,互換性が低い,大容量のメモリやグラフィックカードの対応,などを修正しています。

また、より快適で新しい機能も搭載しています。


例えば、次のような機能が搭載されています。

タスクバーの強化,フルスクリーンプレビュー,ジャンプリスト,など、ウィンドウを見つけやすくする機能。

ドラッグしてウィンドウの大きさを調整したり,ウィンドウを透明化したりと、ウィンドウの操作を簡素化する機能。

画面を指でタッチして操作する機能。

ホームLANの構築とデータ共有を簡素化する機能。

周辺機器を管理するデバイスステージ機能。


そして、
InternetExplorerやWindowsLiveといったウェブサービスとの連携強化,
動作の高速化と省電力機能の向上,
セキュリティ機能の強化
も行ってあります。

InternetExplorerがブラウザの主流ですが、FirefoxやGoogleChromeといった次世代ブラウザも多数登場してきています。

これら次世代ブラウザは、無料,高速,セキュリティ強化,新機能搭載,拡張性を掲げています。


Firefoxとは、モジラ・ファウンデーションという非営利法人によって開発された無料オープンソース型ブラウザです。

特徴としては、使いやすさと豊富なアドオンで、自分好みに機能を追加できることです。

ワンクリックブックマーク(素早くブックマークに登録可能),スマートロケーションバー(履歴を簡単に検索可能),などの機能もあります。


GoogleChromeは、グーグル社が提供するオープンソース型ブラウザです。

検索ボックスやホームボタンがない、シンプルな画面が特徴です。

検索ボックスを兼ね備えたアドレスバー,独立したタブ,シークレットモード,ウェブアプリケーションのショートカットを簡単に作成できる機能などもあります。

このページの上部へ